高校1年でやめました

16歳で高校を退学し、アメリカのワシントン州のカレッジに留学中!マウントレーニアを望むカレッジから留学生活を配信中!Biochemistry専攻!

ホームステイのメリット・デメリット!

f:id:likeforest:20170707163150j:plain

 

留学中、できるだけ勉強に焦点を絞るために、滞在先は大切なポイントです。

 

今回は、ホームステイのメリット・デメリットについて、私の友達からの情報も含めて、紹介していきます。

 

 

 

メリット

 

1、家賃が安い

カレッジ併設の学生寮やアパートメントに比べると圧倒的に安い。時には、1ヶ月500ドルもの差が出るときもあるようです。

 

 

2、自炊をする必要がなく、勉強に集中できる

カレッジ併設の学生寮やアパートメントで生活している生徒は自炊をしなければいけません。しかし、ホームステイの場合はホストファミリーが全て料理してくれるので、自炊をする必要がなく、より勉強に焦点を絞る事ができます。

 

 

2、アメリカの文化や伝統などを知ることができる

私のホストファミリーはアメリカ人なので、アメリカ人の生活様式やマナーなどを学ぶ事ができます。

 

 

3、ホストと会話することによって、英会話力が伸びる

カレッジ併設の学生寮やアパートメントで生活している生徒の中には、同じ国籍に生徒同士で会話する機会が多く、英語を全く話さないといった人も少なからずいます。これでは、留学している意味がありません。ホストファミリーと会話する事で英会話力を身につけましょう。

 

 

4、良いホストファミリーだと、送迎してくれる

僕のホストファミリーは毎朝、カレッジまで送迎してくれます。帰宅時はバスで帰っていますが。

 

 

 

デメリット

 

1、小さい子供のいる家庭では夜泣きなどで、勉強の妨げになる可能性がある

実際、兄のホストファミリーには1歳くらいの赤ちゃんが夜泣きするので、時々熟睡できない時があるようです。

 

 

2、ネイティヴスピーカーのホストはかなり少ない

私はラッキーなことに、純粋な英語を話すアメリカ人ですが、純粋な英語を話すアメリカ人がホストに当たる確率はかなり低いです。大抵の場合、フィリピン人や中国人のホストが大半です。実際、アメリカ人のホストはあまり聞いた事がありません。

 

 

3、学校から遠い可能性がある

私はカレッジから約1時間弱ほどの場所に家があり、すごく遠いです。 時々、カレッジ周辺の家に移動したいと思うこともありますが、ホストファミリーがすごく良いので少し我慢しています。

 

 

 

まとめ

 

日本で住んでいた環境と同じ環境を見つけることは不可能です。だから、留学中だからとある程度、割り切って我慢することも必要です。

 

ただし、我慢しすぎてはいけません、やはり限界を感じれば、カレッジのオフィスで簡単に申請可能です。

 

これから留学する人や滞在先に悩んでいる方に少しでも参考になれば幸いです。