高校1年でやめました

16歳で高校を退学し、アメリカのワシントン州のカレッジに留学中!マウントレーニアを望むカレッジから留学生活を配信中!Biochemistry専攻!

Uber VS Lyft!徹底比較!安いのはどっち?

f:id:likeforest:20170703160745j:image

今、特に留学生を中心に話題の、新配車サービスUber(ウーバー)とLyft(リフト)。

 

スマホからアプリをダウンロードし、手軽に配車できるサービスとして有名な両社です。現在、Uberは日本の東京で利用可能ですが、Lyftはまだ日本に上陸していません。

 

本題ですが

 

 Uber(ウーバー)とLyft(リフト)どっちが安いの?

 

では、早速比較してみましょう!

 

今回は、乗車場所と目的地は同じ。さらに、走る道も同じようになるように各ドライバーさんにお願いしました。

 

 

Uber スタンダードなUberXを利用

*今回の乗車では、Chip(チップ)を払っていません。 
f:id:likeforest:20170623165512j:image

 

 

Lyft スタンダードなLyftを利用

*今回の乗車では、Chip(チップ)を払っていません。
f:id:likeforest:20170623165550j:image

 

以上より、一見Uberの勝利かと多くの方が思われたでしょう。

 

しかし、 一概にUberの方が安いとは言い切れないのです。

 

その理由として

  • LyftUberと違い乗車時間や乗車距離によって料金が変動する。

 

つまり、Lyftは信号を待つ回数などによっても値段が変動します。だから、信号に待つ回数が少なく、且つ最短距離で走行すれば、UberよりLyftの方が安くなる可能性は十分にあります。

 

 

結果発表

勝者 Uber

勝因

Lyftは乗車時間や乗車距離によって料金が変動するので、もしドライバーが遠回りをすればもちろん料金は上がります。実際、LyftのナビゲーションシステムはUberより劣ります。つまり、LyftUberより遠回りする確率が高いのです。

 

一方、Uberでは、たとえドライバーが遠回りをしても料金はほぼ変動しません。さらに、LyftよりUberの方がドライバーの質はいいです。その理由として、Uberの方がLyftよりドライバー採用の基準が高いのです。

 

以上より、Uberの方がLyftより料金を安くして利用できる可能性が高いのです!

 

これから、アメリカに留学や旅行をする方々の参考になれば幸いです。